前回のプロフィールでも書いていますが、私はもともと体を動かすのが好きであり、事務仕事とは全く無縁の仕事をしていました。

メンテナンス業、レンタルビデオ屋、そして公務員のサポートなんかもやり、結局自分の仕事がうまく定まらない時期が続き、結局事務仕事につきました。

パソコンなんて、ワード、エクセルすらまともに扱ったことがない始末。

どちらがフォンな特徴を持っているかも知りませんでしたし、今でもエクセルで文書を作ったりすることも結構有ります。

それで、なんだかんだで事務仕事をして8年ほどになりますが、今さら気づきました。

パソコン使うのって将来的にも必ず必要になるし、血行慣れれば面白いんじゃ・・・?

それで現在に至ります。

今でもブラインドタッチなんて出来ませんし、仕事の進め方や文書作成、データ入力、電話の受け答えなど、うまく出来ないことも多々有りますが、意外とやってみると面白いものです。

飽きやすい私でも続けられてきましたし。

さて、ここからが問題なのですが、事務仕事を続けるということは、それだけ座っている時間が長く、そして、一日中パソコンを使用しているため、疲れ目の症状に陥りがちです。

充血もしょっちゅうですし、視力も仕事を始めた時は1.2ほど有りましたが、現在では免許をとる最低ラインである0.7もありません。

さらに視力も落ちていき、物は二重に見える、充血、かゆみなど、さまざまな症状がありました。

もちろん目薬などで対処していたのですが、それでもパソコンの使用時間が長い以上は症状を解消することが出来なかったため、私が考えたのは、栄養分による疲れ目の解消です。

とは言え、ブルーベリーはまだしも、イクラなんかは毎日食べるというわけにもいかないため、サプリメントの使用が最も良いかなと思いました。

ですが、私の症状が重いことは誰よりもわかっていたため、そこら辺で売っている安いサプリメントではなく、栄養分の種類・量が豊富であることを基準として考えサプリメントを選定、数カ月間試してみました。

現在でも完全に疲れ目の症状が解消されたわけではありませんが、それでも使用前に比べればかなりマシになりましたね^^

サプリメントなんて、正直半信半疑でしたが、実際に使用してみるとその効果に驚かされますし、なにより疲れ目サプリメントは果物が主成分ですし、ルテインなんかは野菜が豊富ですので、心なしか、朝の目覚めや体調も良くなってきたような気がします。

当面事務仕事は続けていく予定ですので、これで何とかなりそうです。

さて、眼の症状に悩まされている方にとって、サプリメントを使用してみることによって、だいぶ症状が緩和されます。

これは、私自身が体験していることですので、自信を持って言えます。

疲れ目の症状で悩まされている方、症状がひどくなくても目を酷使しがちな方は、ひとつの選択肢として考えても良いのではないでしょうか?

 

疲れ目サプリメントpすすめランキング一覧へ