テレビの見すぎ、ゲームのやりすぎは、
目が疲れてしまい、視力低下につながる。

 

これはどこでも言われていることですし、
ほとんどの人が知っていることだと思いますが、
なぜ?と言われた場合、その仕組みについて、
とく知らない方も少なくないようです。

 

私も小さい頃からゲームが大好きで、
よくやりすぎて親に注意されていましたし、
視力が落ちるのを心配されていました。

 

ではテレビ、ゲーム、現在ではスマホもですが、
これらはなぜ長時間使用が良くないのでしょうか?

 

それは、これらの機器から発せられる、
ブルーライトと呼ばれる青色系統の光が原因で
目が乾燥しやすくなるためです。

 

ブルーライトという名前は、
なんとなく聞いたことがある人も多いと思います。

 

最近ではブルーライトをカットするアプリも
出ていますし、iphoneに至っては、
ブルーライトカットが標準の機能として
付いていますので、知っている人も多いでしょう。

 

この光を長時間見ていると、
まばたきの回数が極端に少なくなるという特徴があり、
目が乾燥しやすくなるのです。

 

私達はまばたきを行うことで、
目に付いた小さなゴミを取ったり、目に潤いをもたらしたりと、
目がダメージを受けないように保護してくれています。

 

これは意識して行うわけではなく、
私達の体の仕組み上、自然にそうなっているものです。

 

実際に意識してまばたきをしている人って、
全くいないですよね?

 

そんなことを意識するぐらいだったら、
他のことを考えていたほうがずっと有意義です(笑)

 

まばたき自体が無意識に行われているということは、
回数が極端に減ったとしても全く気が付かず、
気づいたら目が乾燥し、目の疲れの症状が発生しやすくなるのです。

 

ある意味自然現象なのかもしれませんね。

 

テレビやゲームを長時間行うのが良くないのは、
このまばたきが少なくなることで目が乾燥し、
目が疲れやすくなることから、言われてきました。

 

>>目の乾燥を防ぐために私が行っている対策はこちら<<

 

テレビやゲームのやりすぎは目の周りの筋肉にも影響してくる

目が疲れてくると、
充血したり、頭痛がひどくなったりと、
さまざまな症状が出てくるようになります。

 

私は頭痛が悩みのタネであり、
ひどくなってくると、テレビやスマホを
見ていることさえもできなくなります。

 

これは、テレビ、ゲーム、スマホをしていると、
知らないうちに画面を凝視し、
目を全く動かさなくなることが原因です。

 

デスクワークをしている人であれば
何となく分かると思います。

 

パソコン画面を長時間見たままですので、
目の周りの筋肉が固定されやすくなります。

 

これにより、目の周りの筋肉が疲れてしまい、
血流が悪化することで充血しやすくなるのです。

 

頭痛や肩こりなども、この血流の悪化によって
起こる症状と言われています。

 

まとめると、
テレビ、ゲーム、スマホ、パソコンなどが、
目が疲れやすいと言われているのは、

  • まばたきの回数が減り、目が乾燥しやすくなる
  • 画面を凝視することで血流が悪くなる

といった症状によって起こるものです。

 

とは言え、デスクワークの人に
パソコンを使うなと言っても無理ですし、
大半の人がスマホを持っている今では、
これらは当たり前に起こりうる症状と言えます。

 

そこで私の場合、目の疲れ対策のサプリメントを使用し、
栄養面でケアを行い、目の疲れを緩和してます。

 

以前は仕事にも支障が出ていたほど頭痛に悩まされていましたが、
今では驚くほど頭痛が無くなり、
栄養は本当に大事なんだと改めて実感させられました。

 

>>私が行っている栄養面での目のケアはこちら<<

 

目の疲れ対策サプリメントに含まれる成分とおすすめの理由とは?

目の疲れ対策サプリには、
基本的にアントシアニンやルテインと呼ばれる、
ブルーライトから目を保護してくれる成分が
含まれています。

 

これによって目の疲れを防ぐことができますし、
更に鉄分やDHAなども含まれていることから、
血流を良くし、充血、頭痛、肩こりなどの症状にも効果的です。

 

多分私が頭痛に効くと感じたのは、
この鉄分とDHAによる効果だと思います。

 

また、サプリメントをおすすめする一番の理由は、
自分の生活スタイルを変えるのが難しかったからです。

 

ぶっちゃけ、目が疲れないように、
生活スタイルを大幅に見直せば何も問題はありません。

 

サプリメントだって必要無くなります。

 

実際に私の友人でデスクワークをしていた人が、
1年間産休を取り、パソコンと無縁の生活をしていたら、
視力が0.3から1.0にまで回復したそうです。

 

これは本当に極端な例ですが、
生活スタイルを変えることで、
目の疲れを解消することも十分に可能ということですよね。

 

とは言え、このように劇的に生活を変えるのって、
ほとんどの人が難しいですよね?

 

私もデスクワークの仕事をしており、
1日中パソコンを使用していることから、
8~9時間ほどはずっと画面を見ています。

 

つまり、仕事の関係上、
パソコンを使用するのが当たり前で、
目の疲れの症状も当たり前に起こります。

 

言ってしまえば職業病ということです。

 

こういった事情もあり、
生活を大きく変えることができない私は、
無難にサプリメントを選択することにしました。

 

もちろん空いた時間に目を温めたり、
冷やしたりと血流改善も行っていましたが、
それ以上に目を使っていることから、
効果が実感しにくいのです。

 

同じような状況の方も少なくないでしょう。

 

私のようにデスクワークをしている人であれば、
全く同じ状況になると思います。

 

最近はスマホを持っている人が当たり前ですので、
電車の中、昼休みなどの空いた時間、プライベートなど、
目が疲れる要因が多くなってきました。

 

そう考えた場合、サプリメントによって
目を保護し、症状を改善するのが、
最も効果的と言えます。

 

 

疲れ目サプリメントの価格はピンからキリまである

最近はサプリメントもかなりの種類があり、
自分の好みに合わせて選ぶことが可能になりました。

 

成分量が多いものであれば価格はちょっと高めだったり、
成分量が控えめでもよいのであれば、価格は安く済みます。

 

安いものであれば、1ヶ月分の数量で1,000円~2,000円程度、
高いものであれば、3,000円~4,000円程度となっています。

 

また、ほとんどの商品には、

  • 一定期間による全額の返金保証
  • 初回購入を大幅に割引している
  • 定期購入により、通常価格から割引で継続可能

といった販売方法が取られています。

 

ですので、まずは試してみたい、
一度使ってみたいという方にもおすすめできます。

 

私の場合は、最初はとにかく安いものを買おう!と思い、
試していたのですが、1ヶ月使用してもあまり効果がなく、
成分量が多めのものを選んだところ、
2周間ほどで頭痛が治まってきました。

 

>>私が行っている栄養面での目のケアはこちら<<