現在ではほとんどの人が当たり前にスマホを持っていることから、
気軽にゲームをすることができることができます。

 

例えば電車での通勤途中にスマホでゲーム。

 

あるいは、ゲームでなくても、
ニュースやその他の情報チェック。

 

このような人が大幅に増えており、
これも時代の変化と言えるでしょう。

 

さて、この場合でネックになってくるのが、
目の疲れとの付き合い方です。

 

スマホ、ゲーム、パソコンなどは、
ブルーライトと呼ばれる青い光を発しており、
目の疲れを誘発し、視力低下はもちろん、
さまざまな症状につながっていきます。

 

ブルーライトを長時間浴びていると、
物体を捉えるピントの働きが鈍くなることや、
まばたきの数が極端に少なくなるため、
目の疲れの症状が起きやすくなります。

 

例えばスマホやパソコンを長時間見たあとは、
しょぼしょぼしたり、遠くのものが見えにくくなるのは、
代表的な例と言えます。

 

では、これらの症状には
どのように対処していけばよいのでしょうか?

 

私がおすすめするのは、
サプリメントを使用し、栄養価によって
目の疲れを癒す方法です。

 

>>私が活用している目の疲れ対策はこちら<<

 

目の疲れはゲームやスマホが原因だが、ほとんどの人が対処は難しい

最も簡単な方法は、
極力目を休めるようにすることですが、
現代ではほとんどの人が難しいでしょう。

 

例えば私の場合、事務の仕事をしていることもあり、
普通の人よりも遥かにパソコンを見ている時間が長いです。

 

1日の仕事時間は9時間程度ですが、
その間は基本的にパソコンとにらめっこであり、
目を離すときは休憩やトイレの時ぐらいしかありません。

 

今ではもう慣れっこですが、
ショボショボ、二重に見えるのはもちろん、
頭痛、肩こりなどの症状に悩まされることが多かったです。

 

しかも残念なことに、私の趣味はゲームであり、
スマホでポケモンGOを結構な頻度でやっています。(笑)

 

もちろんパソコンもスマホも
全くいじらない時間はありますが、
目を休める時間を長く確保できていないのが現状です。

 

自分で書いていて思いますが、
かなり目を酷使する時間が長いです。

 

これはあくまで私の例ですが、
ゲームの頻度は減らすことはできても、
仕事中のパソコンの時間を減らすことは不可能です。

 

仕事を辞め、パソコンを使わないような職場に変えない限り、
目の疲れとの縁を切ることができないのです。

 

これはあくまで私の場合ですが、
殆どの人が同じような状況に
なっているのではないでしょうか?

 

  • 通勤途中の電車の中でのスマホの使用を止める
  • パソコンを使う時間を極力減らす
  • ゲームをやらないようにする
  • スマホでニュースのチェックも減らす

 

これ、全部実践するのって多分難しいですよね?

 

現代社会において、目の疲れが起きやすいのは、
スマホやパソコンを当たり前に使う以上、
時代の流れと言って良いです。

 

目の疲れにおすすめする対処法はサプリメント。その理由とは?

目の疲れの対処法で私がおすすめするのはサプリメントですが、
その理由は大きく分けると3つです。

それは、

①生活スタイルの理由
②食べ物に関する理由
③経済的な理由

となります。

 

①生活スタイルの理由

これは先程ご紹介したとおりですが、
自分の生活スタイルを完全に変えるのは、
殆どの人が難しいのではないでしょうか?

 

少なくとも私は仕事を辞めない限り、
パソコンの長時間使用が無くならないため、
サプリメントによって、栄養面で目のケアをしていく
方法を選択しました。

 

②食べ物に関する理由

目の疲れに対して有効な成分は数多くありますが、
代表的な例を挙げると、
アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンなどです。

 

アントシアニン、ルテインなどは特に有名ですので、
なんとなく耳にする人も多いのではないでしょうか?

 

アントシアニンを例として紹介しますが、
これをたくさん摂るためには、
ブルーベリーを食べる必要があります。

 

ブルーベリーはアントシアニンが豊富な果物であり、
甘くて美味しいというイメージがあると思います。

 

実際に食用としても販売されていますし、
スムージー、ドリンク、パウダーなど、
さまざまな方法で販売されています。

 

ここでネックになるのが、
こういった食品を、毎日食べ続けることができるか?
という点です。

 

それも、サプリメントと同等のエキスを
摂るのであれば、ブルーベリー何十粒もの量を、
毎日のように食べる必要があります。

 

これはあくまでブルーベリーですが、
これに加えてアスタキサンチンやルテインもありますが、
それぞれ摂れる食べ物は全く異なります。

 

アスタキサンチンはイクラ、カニなどで摂れますし、
ルテインは緑黄色野菜から摂れますので、
それぞれ食べる必要があるのです。

 

こう考えた場合、やはり食品を食べるよりも、
サプリメントにしておけば1粒だけで済みます。

 

③経済的な理由

最後の理由は、先程の食べ物と関連しますが、
食べ物で摂ろうとすると、費用がかなりかかります。

 

例えばアスタキサンチン。

 

先程お伝えしたとおり、
イクラ、ウニなどの魚介類から摂れる成分ですが、
毎日のように食べていたら、お財布に全く優しくありません。

 

これはブルーベリーでも同様のことが言えます。

 

サプリメントの場合は、1つで30粒、
成分量が多いものであれば50粒ほどの
ブルーベリーのエキスを配合しています。

 

これを1ヶ月続けるとなれば、
経済的にもサプリメントよりも
お金がかかってしまいます。

 

経済的な面から見ても、
食べ物で摂るよりはサプリメントの方が
圧倒的におすすめです。

 

以上3つがサプリメントをおすすめする理由になります。

 

>>私が活用している目の疲れ対策はこちら<<

 

目の疲れ対処のサプリメントは価格が高い?

この手のサプリメントは、
以前は価格が高いものが多く、
なかなか手が出しづらかった経緯があります。

 

特に通販でのみ購入できるものは、
市販の格安サプリメントとは比較にならないほど、
成分量も種類も豊富に作られています。

 

とは言え、やはり価格も大事ですよね?

 

サプリメントは毎日続けることが大事で、
ある程度の期間継続することを前提に作られていますので、
続けられない価格設定であれば、全く意味がありません。

 

最近はさまざまなサプリメントが出てきており、
通常価格がかなり下がってきていますので、
手頃で手が出しやすくなったと言えます。

 

例えば私が最も高いなと思ったサプリメントは、
1ヶ月分の数量で6,000円程度でした。

 

この価格設定、ちょっと高いですよね?(笑)

 

もちろん価格に見合った成分量はあるものでしたが、
それでも毎月続けるには厳しい価格設定です。

 

自分の生活を圧迫しない程度の価格設定が、
個人的に一番長く続けられるものだと思います。

 

最近の疲れ目サプリメントはこんな割引方法もある

高額な商品によく見受けられるのが、

  • 初期価格の大幅割引
  • 定期購入の割引
  • 全額の返金保証

などです。

 

これらはテレビの通販でもよくやっている方法ですので、
耳にシたことがある人も多いと思います。

 

サプリメントのような健康食品員は、
こういった割引があまりついておらず、
なかなか購入までのハードルが高かったと思います。

 

ですが、最近は販売方法がだいぶ変わってきていて、
返金保証や初回購入の割引が当たり前に付くように
なってきました。

 

現在ではほとんどの商品にいずれかの割引が
付いていることから、気軽に試すことが
できるようになっています。

 

特に返金保証に関しては、
その名の通り効果が実感できなかったり、
体に合わないなどの症状があった場合でも、
お金の部分で損をすることが無くなります。

 

もちろん一度返金保証を活用した場合は、
その商品はもう一度購入できませんが、
それでも損をしないように配慮されているのは、
非常に助かるポイントです。

 

>>私が活用している目の疲れ対策はこちら<<