まぶたが重い、痙攣を起こしている、
充血しやすいなど、目の疲れを感じているのであれば、
ドライアイの可能性があります。

 

ドライアイとはそのままの意味で、
目が乾燥してしまい、疲れやすくなる症状を指します。

 

これは私自身にも経験があり、
症状がなかなか治らずに苦労をしました。

 

というのも、私は事務仕事のため、
一日中パソコンとにらめっこしているので、
どうしても目が疲れやすく、仕事で起こるものですので、
休むわけにもいかないという状況でした。

 

パソコン、スマートフォンを長時間使用していれば、
これらの症状とは長く付き合っていく必要があります。

 

私が目の疲れ対策で試したサプリメントはこちら

 

目の疲れによるドライアイの原因とは?

目が乾燥しやすいのは、
パソコン、スマートフォンから発せられる青い光。

 

ブルーライトと呼ばれるものです。

 

この光は紫外線と非常によく似た性質があり、
自分でも気づかないうちに目の乾燥につながっていきます。

 

私達の目は紫外線や外気から目を守るため、
無意識のうちにまばたきをしています。

 

まばたきをすることで目の乾燥を防ぎ、
目を保護してくれる役割を持っています。

 

ですがこのブルーライトを浴びていると、
知らないうちにまばたきの回数が減っているのです。

 

まばたきが減るということは、
当然目が乾燥しやすくなり、目が痛みやすくなります。

 

これがドライアイの一連の流れです。

 

意識してまばたきをできる人。
普通はいないですよね(笑)

 

ですので、私のように長時間パソコンを使用していれば、
必ずこれらの症状と向かうことになります。

 

目の疲れによるドライアイにおすすめの方法は?

目の疲れ、ドライアイの症状や仕組みがわかっているのであれば、
当然対処方法も見えてきます。

 

私が使用しているのは、
目の疲れ対策のサプリメントの使用です。

 

名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、
目の疲れ対策のサプリメントには、
アントシアニンと呼ばれる成分が含まれています。

 

これは植物などから摂れるポリフェノールですが、
植物は基本的に外気や紫外線にさらされているため。
自分自身で身を守るために、アントシアニンを作り出しています。

 

これを活用し、目の疲れ対策に用いているのが、
アントシアニンを豊富に含んだサプリメントです。

 

先程紫外線とパソコンから発せられるブルーライトは、
非常によく似た性質であるということをお話しました。

 

これと同じ仕組みであり、
アントシアニンを摂ることで、
ブルーライトから目を保護し、目の疲れを防ぐことができるのです。

 

私が目の疲れ対策で試したサプリメントはこちら

 

目の疲れ対処方法はサプリメントがおすすめ!

ではなぜサプリメントがおすすめなのか?

 

それは、アントシアニンを含んだ果物を、
たった一粒で数十個分賄うことができるからです。

 

例えば、アントシアニンを含んだ食べ物であれば、
ブルーベリーが有名です。

 

ですが、毎日何十個もブルーベリーって、
普通食べられないですよね?

 

絶対飽きてきますし、何よりも経済的にも負担です。

 

これを解消してくれるのが、
成分を濃縮しているサプリメントの使用です。

 

特に最近では初回の購入が1,000円程度で済むものが多く、
返金保証がついているものも多いため、
合わないと思えば返金をすればいいのです。

 

まずは試して見るのは大いに「アリ」だと思います。

 

私が目の疲れ対策で試したサプリメントはこちら