パソコン、スマートフォン、ゲーム。

 

現代ではこれらの機器が当たり前に使用され、
便利な世の中になった分、
目の疲れも起こりやすくなっています。

 

これらはその代表的な例と言えるでしょう。

 

長時間画面を見ていた場合は、
目がしょぼしょぼ、二重に見えたり、
まぶたが痙攣、重くなるなどの症状が考えられます。

 

これは、ブルーライトと呼ばれる、
画面から発せられる光の影響によるものです。

 

これらを長時間浴びた場合、
目が乾燥しやすくなり、ダメージを受けやすくなるのです。

 

使用時間を短くすれば・・・ということも言えますが、
私のように齟齬とで一日中パソコンを使用している場合、
使用時間を抑えることが難しい。

 

同じような経験を持っている方も多いのではないでしょうか?

 

>>私が行っている疲れ目対策はこちら<<

 

ブルーライトで目が乾燥する!?

先程お伝えしたとおり、
パソコンやスマホからはブルーライトと呼ばれる
青色系統の光が発せられており、
これが目の疲れの原因となります。

 

この症状は、別名「ドライアイ」とも呼ばれます。

 

これらは紫外線と非常によく似た効果を持ち、
目が乾燥し、目の保湿がなくなることで
ダメージを受けやすくなります。

 

また、ブルーライトは無意識のうちに、
瞬きの回数を少なくしているという効果があります。

 

瞬きは目の保湿効果を保つのに重要な役割を持っていますが、
回数が少なくなれば、当然目の乾燥も進むことになります。

 

意識して瞬きを・・・なんて人は、
まずいないですよね?

 

瞬きは人が行っている無意識の行動の一つであり、
自分で制御することはできません。

 

ブルーライトによるドライアイを私はこれで防ぐ

私のように仕事上でパソコンを使用する人は、
目を休める時間の確保が難しく、
なかなかうまくいきませんでした。

 

趣味がゲームということもあり、
どうしても目を酷使してしまう癖があります。

 

そこで私が試したのは、目の疲れのサプリメントです。

 

知っている人も多いと思いますが、
目の疲れを防ぐには、アントシアニンと呼ばれる、
ブルーベリーに含まれる成分が効果を発揮します。

 

このアントシアニンは紫外線を防ぐのに、
植物が自ら作り出した成分であり、
自分自身の身を守るために作られたものです。

 

植物は、常に外気や紫外線にさらされているため、
身を守るために成分を作り出す必要があります。

 

それを担ってくれるのがアントシアニンであり、
紫外線から身を守る効果があるのです。

 

>>アントシアニンを多少に含んだサプリメントはこちら<<

 

ブルーライトの目の疲れはアントシアニンでカバー可能!?

最初の話に戻りますが、
パソコンやスマホ、ゲームから発せられる
ブルーライトは、紫外線と非常によく似た性質を持ちます。

 

つまり、アントシアニンの効果が、
ブルーライトの光を防ぐのに効果を発揮するということです。

 

アントシアニンは目を保護するバリアの役目を持ち、
私達の目を保護し、ブルーライトによる乾燥を防いでくれます。

 

先程ご紹介した植物が身を守るのと、
原理は基本的に一緒です。

 

私の場合は、午前中に仕事をこなし、
午後になって目が疲れ始めたと感じたときに、
サプリメントを飲み、目の疲れを癒やすようにしています。

 

以前は視力がガタガタと落ちてしまい、
仕事をするのにも見えづらくて苦労していたのですが、
サプリメントを使用することで、
だいぶ仕事がしやすくなったと思います。

 

また、サプリメントにはDHAなどの血流を助ける成分なども
含まれていることから、目の疲れによって起こる、
血流の悪化などにも固化が期待できます。

 

目の疲れが起こってくると、頭痛や肩こりも一緒に起こる・・・

 

こんな経験をした人は多いと思いますし、
私も全く同じ経験をしていました。

 

頭痛がひどく、仕事を休むこともありました。

 

そんな場面でも、サプリメントは
効果を発揮してくれます。

 

もしあなたが、私とおなじように、
目の疲れ、それに伴う頭痛など、
悩まされているのであれば。

 

サプリメントを使用してみてはいかがでしょうか?

 

最近では返金保証あり、初回1,000程度など、
割引方法も充実してきており、
だいぶリーズナブルな価格設定になってきています。

 

>>私が試した目の疲れ対策サプリメントはこれ<<