アスタキサンチンは、アントシアニンと同様に、
目の疲れに重要な効果を与えてくれる成分です。

 

アントシアニンはブルーベリーなどに
よく含まれている成分ですし、
何よりもブルーベリーが非常にメジャーなものです。

 

アスタキサンチンに関しては、
その効果や成分に関してあまり知られていることはなく、
ブルーベリーにふくまれていない成分ですので、
知らないという人も多いようです。

 

一言で言うと、
アスタキサンチンは魚などに含まれている色素の一つです。

 

別名カロテノイドとも呼ばれています。

 

アントシアニンもこれに分類されますが、
その名の通り、物質に色を与えてくれる効果があり、
これがさまざまな健康効果を生み出してくれるのです。

 

アスタキサンチンってどんな成分?アントシアニンとの違い

アントシアニンは、青や紫の色を与えてくれる
色素と言われています。

 

これはブルーベリーなんかをイメージすると、
「ああなるほどな」と納得できるのではないでしょうか?

 

これに対して、アスタキサンチンの場合は、
赤系の色を持つ色素とされています。

 

単純に色の種類も違いますし、
ふくまれている食べ物が違います。

 

アスタキサンチンは、
サケ、イクラなどの魚介類によく含まれている成分であり、
アントシアニンより希少価値や効果が高い成分です。

 

では、アントシアニン、アスタキサンチンなどの色素は、
どういった効果を持っているのでしょうか?

 

それは、植物が本来持っている働きである、
紫外線などから身を守るというものです。

 

紫外線を過度に浴びるのは肌に良くない・・・
というのはなんとなくイメージできるかと思います。

 

実はこれ、動物も植物も全く同じです。

 

紫外線を浴び続ければ植物は枯れてしまいますし、
動物も干からびてしまいますよね?

 

これを守るために色素を活用し、
紫外線から自分自身を守るという働きを持っています。

 

植物を守るための成分を体内に取り入れることで、
紫外線から身を守るバリアのような
役割に期待できるのです。

 

アスタキサンチンもアントシアニンも
効果は似通っていますが、色素が異なることから、
相乗効果を生み出すことができるのです。

 

アスタキサンチンと視力の関係ってなに?

では、これらの成分と視力はどのように関係するのか?

 

それは、私達自身の生活スタイルによるものです。

 

目が疲れやすい原因とは、
言うまでもなくパソコン、スマートフォン、
テレビなどですよね?

 

これらには、ブルーライトと呼ばれる光が
発光されているのはご存知でしょうか?

 

名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんね。

 

このブルーライトは紫外線と非常によく似ており、
目の乾燥を誘発しやすく、目の疲れの原因になり、
その結果、視力が低下してしまうのです。

 

繰り返しになりますが、
先程のアントシアニンとアスタキサンチンは、
紫外線から身を守る動植物の色素です。

 

これはもちろん私達にも効果を発揮してくれます。

 

これらの成分を摂ることで、
ブルーライトによる目の疲れを防ぎ、
視力低下を防ぐことができるという仕組みです。

 

>>アントシアニン、アスタキサンチンを効率よく摂取したい方はこちら<<