ブルーベリーやビルベリーなどに含まれている
アントシアニンは目の疲れに効果が高いと言われています。

 

もともと、アントシアニンはポリフェノールの一種であり、
天然の色素と言われています。

 

色素とは、そのままの意味ですが、
物体に色を加える成分とされています。

 

色素と聞いただけだと、
特に関係がないようにも感じてしまいますが、
実は色素はさまざまな効果を生み出すことで知られています。

 

アントシアニンには、

◯目の疲れを癒やしてくれる効果
◯疲れ目になりにくくなる効果
◯目の病気を予防してくれる効果

などがあるといわれており、
健康に良く、還元力の高い成分です。

 

繰り返しになりますが、アントシアニンを始め、
色素は疲れ目サプリメントのみならず、
さまざまなサプリメントに使用されています。

 

アントシアニンのバリア効果

アントシアニンは、
光や紫外線などから見を守ってくれる成分
とも言われており、天然の色素ですので、
植物などから出されている成分でも有ります。

 

これが、目の疲れの解消に大きな効果が
期待することができるのです。

 

目の疲れは、紫外線、パソコンや携帯電話から
発せられるブルーライト、
乾燥によって目の水分が不足していることなど、
さまざまな原因によって起こると言われています。

 

紫外線が原因ということはあまり知られていませんが、
パソコン、スマホなどはよく知られていることですよね。

 

これらを長時間見続けるということは、
ブルーライトを長時間目に浴びることとなり、
目の乾燥が起きやすいのです。

 

これが目の疲れの原因となります。

 

最近ではアプリなんかでも
ブルーライトカットのものが出ていたりしますので、
なんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

結局は目の乾燥に繋がり、
見るための焦点を当てる動作が難しくなるため、
目が疲れていくのです。

 

この原因の解消のためのに相性の良い成分が、
アントシアニンと呼ばれる色素ということになります。

 

アントシアニンは感想を防ぎ、紫外線、ブルーライトを
カットしてくれる効果があるとされているため
目の疲れと非常に関連性が高いのです。

 

アントシアニンを多めに摂取することで、
これらの症状から目を守ってくれます。

 

疲れ目サプリが販売されている理由

アントシアニンもですが、この手のポリフェノールは、
自分の体で作り出すことが出来ない成分でもあります。

 

よって、当サイトでご紹介しているサプリメントもですが、
その大本となるブルーベリー、ビルベリー、マキベリーなど、
外的なものによって補完する必要があります。

 

疲れ目に効果があるサプリメントは多数販売されていますが、
それは、ポリフェノールを自分の体内では作ることが
出来ないと言われているためでもあります。